令和4年12月30日(金)
姨捨と姨捨。

DSCN9831
そういえばあまり撮らないパノラマ顔しなの。
たいだい東か北向きで走るから午後は逆光なんですよね。。。(もちろんこれも逆光)

DSCN9838
姨捨の姨捨公園。
年末でも貨物列車が走ってたんですね。
てっきり運休だと思っていたから、電車の音が聞こえてびっくり。

DSCN9845
年末らしい?姿の電車。
長い長い10両編成のしなの号。

DSCN9852
年末だろうと変わらない電車。
置き換えの話題が時々上がりましたが、暫くは安泰?
西の更新車両のようにベンチレータ撤去されるようで楽しみ!


DSCN9858
ところ変わって須坂駅。
新型車両3000系と入れ替わりで3500系/3600系は順次運用離脱していきましたが…
すぐに解体されず、須坂駅側線に留め置かれていました。
遠目に見ると複数編成が連結しているようで、パッと見は長編成に?

令和5年以降解体された車両もあるそうですが、
まだ(令和6年4月時点)で解体されていない車両もいるとか?
これが本物の姨捨駅?

令和4年12月30日(金)
白銀。

DSCN9759
年の瀬の信州。
雪降る駅に降り立ちました。

DSCN9763
冬の山ノ内線、翌年(令和5年)1月に引退となった3500系。
3500系にとっては通い慣れた道、最後の年越し。
私にとっては最初で最後の撮影。

DSCN9772
3500系と同じく日比谷線生まれの3000系。
暗い冬空にモノトーンの電車、何か感じさせられるものがありますね。

DSCN9784

DSCN9802
夜間瀬駅。
往く電車、来る電車。

DSCN9806
3500系の終着駅、湯田中駅。
線路からは温泉の湯気。
温泉は電車の融雪にも活用されているそうです。

DSCN9818
晴れた街に降りる3500系。
長年、山ノ内線の普通電車は線内折り返し運転が大半でしたが、
最近のダイヤ改正で長野駅発着の電車も何本か登場。
晩年に現れたちょっとイレギュラー運用。

DSCN9821
この日の3500系は、この須坂行きで仕事終わり。
冬の信州、良いものに乗せて、見させてもらいました。

令和4年12月11日(日)
知っているようで知らない東武電車。
「東上鉄道」

DSCN9695
東武鉄道の名は付くけど東武本線とは接続駅すらない東上本線。
東武電車=本線(伊勢崎線・日光線)派の私からすれば、東上本線はもはや別会社「東上鉄道」。

この電車、9000系なんて新製時は東上線の線路に直接搬入。
つい何年か前、
定期検査が川越工場から南栗橋工場に移管されるまで本線の線路すら走ってないのですから。


DSCN9700
地下鉄からの10000系。
まぁこれは他社の車両ですから、もちろん他社の電車。言うまでもない。

DSCN9707
マン系は本線にも居るじゃないか?
本線で10両編成の普通電車なんてどこを走れるんですか?
マン系10両編成の準急ですら本線じゃ過去の話なのに。。。

DSCN9710
編成が長いだけじゃなしに未更新車両も多いんですよね。
令和になってもこのままなら、引退まで未更新で突っ走るんですかね?

DSCN9717
本線じゃ過去の話になった10000型未更新車両も健在。

実態として別会社とはいえ、東上本線も東武電車の一部。
その煽り?で新型車両は本線に優先的に導入され、東上本線は後回し。
次の新型車両80000系はアーバンパークライン向けですし、東上本線の新型は…
いつ来るんでしょうね?

↑このページのトップヘ